ロードバイク女子ブログ~エアロロードを語る~

どうも サイクルホリックスタッフもこ太と申します。

scottさんのバイク持ち。天気関係なく自転車通勤の元社畜で
がっつり乗りに行くよりも通勤、移動手段として乗っていました。

もこ太2回目の記事となります今回は「エアロロード」についてです。

といっても実際に持ってるわけでも乗ったこともないのですが、
ただただ単純に…………

見た目、カッコよくね?????

という動機。ツール・ド・フランスや雑誌や好きなメーカーさんのラインナップを見ていても「カッコイイ」と目に止まるのはエアロモデルでした。
(アレです。実際乗りたい!ほしい!とかよりもエ〇ァ初号機カッコイイなの気持ちです。フィギュアはほしい。)

エアロロードは、空気抵抗の軽減を極限まで追求したロードバイク。
1分1秒を削るレーサー向けのバイク……ふむふむ。

ロングライド向けのエンデュランスロードは乗り心地優先で
上半身を起こせるつくりな印象です。

エアロロードはスピード重視で前傾姿勢になるため、ハンドル部分のヘッドチューブが低いですよね。
また低く薄いシートステー、正面から見ると薄いけど横から見た時のゴツさ?エンデュランスロードと比べてのメカメカしさがカッコよく見えてしまうんですよね〜なぜでしょう……。

トップチューブとステムが一直線上にあるモデル(呼び方がちゃんとあるのかな?教えて先輩〜!)にディープホイールが付いてたものなら、もこ太のオタク心に刺さります。カックイイ〜!

エアロロードのデメリットとしては、ブレーキなどメンテナンス性を犠牲にしてる部分もあるので扱いが難しいとのこと。重量もどうしても重くなってしまっていたようですが、技術の向上でクリアしているようですね。すごい!

皆さんはどんなバイクに心惹かれますか?自バイクをお持ちの方はやはりそれが1番でしょうか。
俺の私のカッコイイバイク自慢、大歓迎です。

サイクルホリックは店内に自転車ハンガーを複数設置してございますので
店内まで運んでいただきましたら、盗難の心配なく自身のバイクを肴に飲食が出来ますよ。(※自転車でお越しの場合またはジムご利用前はアルコールの提供は出来ませんのでご注意ください)

今回フォーカスしたのはドロップハンドルのついたエアロロードでしたが、
独特のハンドルのタイムトライアルバイクもカッコイイですね……。
それはまたの機会に語るとします。
ここまで読んでくださりありがとうございました。もこ太でした〜またね〜